GLAY 精力的な活動を続ける日本のロックバンド - 我々の愛したヴィジュアル系バンドたち

GLAY 精力的な活動を続ける日本のロックバンド

こんにちは。

あなたはGLAYというバンドをご存知ですか?

もはや有名すぎる日本のロックバンド。

知らないという声は少ないでしょう。


現メンバーは

 ボーカル - TERU

 ギター - TAKURO

 ギター - HISASHI

 ベース - JIRO

旧メンバーは

 ドラムス - ISO

 ドラムス、ベース - SHINGO

 ドラムス - AKIRA

 ドラムス - NOBUMASA

昔はちゃんと専属ドラマーがいたのですね。

GLAYは1994年にメジャーデビュー。

それ以来、現在に至るまで活動休止を宣言したことはない。

GLAYは1988年にTERUとTAKUROを中心に結成。

その後TAKUROの高校時代の友人であったHISASHIを迎える。

上京後、地元が一緒で顔見知りだったJIROを加える。

1994年5月25日にシングル

 RAIN

でメジャーデビュー。

このころは、髪、長いですねw

その後、シングル・アルバムともに圧倒的なセールスを記録する。

1997年に発売したベストアルバム

 REVIEW-BEST OF GLAY

が当時の歴代アルバムセールス1位の約488万枚を記録。

1999年の「ギネスブック(現・ギネス世界記録)」

 日本で最も売れたアルバム

として掲載された。

コノアルバムはブルーのクリアケースが特徴ですね。

以後も1998年に同時リリースされた

 誘惑(年間シングルランキング1位)

 サバイバル(歴代ビデオシングル1位)


など、日本の音楽業界の歴史に残る記録を作った。

サバイバルはアニメのPVも印象的でした。

彼らの最大のヒット曲

 Winter,again

この曲で第41回日本レコード大賞を受賞。

2005年に事務所を独立

2010年6月に自主レーベル

 loversoul music & associates

を設立。

シングルでは

 口唇

 HOWEVER

 誘惑

 SOUL LOVE

 BE WITH YOU

 Winter,again

 ここではない、どこかへ

 とまどい / SPECIAL THANKS


の8作品

アルバムでは

 BELOVED

 REVIEW-BEST OF GLAY

 pure soul

 HEAVY GAUGE

 DRIVE-GLAY complete BEST


の5作品が日本レコード協会からミリオン認定を受けています。

シングルミリオンセラー作品数は日本歴代4位。

CD総売上枚数は約3800万枚で日本歴代7位。

周りではGLAYと共に

 邦楽の2代ロックバンド

などと称されるロックバンド

 L'Arc〜en〜Ciel

と、どちらが好きかで別れていました。

もちろん、どちらも好きという事が前提にあることも多かったです。

私が学生時代の頃も、今でも

ずっと活動を続けているGLAY

不思議な愛着とかもついちゃっているのですが

曲自体はとてもキャッチーでロックで

聴きやすいものが多くて、割と万人受けする音楽性が光りますね。

CDもいくつか持っていますが、アルバム曲にもいい曲があるし

カップリングにもちょこちょこ良曲が。

今では日本のロックバンドのスタンダードとも言えるべきバンドなのかもしれませんね。

楽曲としては

 HOWEVER

 誘惑

 SOUL LOVE

 Winter,again


あたりが特に売れて、TVなどで昔の映像が流れた時によく聴きます。

バラードや、ハードな曲、切ない曲など、いろいろありますが

似たような曲が多いとは言われがち。

よく聴くといろんな楽曲の中に、いろんな魅力があって

どんどん引きこまれていきます。

そんな魅力がGLAYにはあると思います。

だからもう一度、デビュー曲辺りからじっくり聴き返すことを

おすすめしたいです。

あの頃の思い出とともに、新しい発見が見つかるかもしれません。

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/360227802

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。