Luis-Mary ヴォーカリスト西川貴教の原点 - 我々の愛したヴィジュアル系バンドたち

Luis-Mary ヴォーカリスト西川貴教の原点

こんにちは。

あなたはLuis-Maryというバンドをご存知ですか?

Luis-Mary(ルイ・マリー)は、ボーカルをT.M.Revolution

西川貴教氏が務めたバンド。

SOPHIAの松岡氏も好きで、イナズマロックフェスにて

Luis-Maryの代表曲

 レイニーブルー

をSOPHIAでカバーし、披露していました。

メンバーは

ボーカル … 灰猫 HAINE(西川貴教)

ギター … Zyeno(山下善次)

ベース … 紫苑(丸山武久)

ドラム … KEN(有田賢)

ギターの山下氏は

 アイドルラブチャンネル

に在籍している。

Luis-Maryは1989年に大阪で結成

インディーズ時代でCDをリリースし

1991年には日本クラウンからメジャーデビュー。

 東のLUNA SEA

 西のLuis-Mary


などと言われていた事もあったらしい。

インディーズ時代はライブ中心に活動。

ボーカルの西川貴教のその歌声は当時から注目されていたようで

バンドも、徐々に注目を集め始めた。

Luis-Maryの存在を世に知らしめたのが、大阪地区で放送された

 ライブ・キング

という番組への出演。

やはりTVの与える影響というものは当時は凄かったようですね。

バンドの知名度が大きくなるにつれて

西川貴教はメジャーデビューを意識し始める。

しかし、他のメンバーにはその意識があまりなかった。

そして、西川貴教は、3人のメンバーの前から姿を消した。

3人はなんとか西川を見つけ出して説得。

バンドに戻った西川貴教だったが、

メンバー間の葛藤は長い間続いた。

そんななか、着実に実力をつけてきたLuis-Maryに、

ライブハウスのオーナーが「インディーズでCDを出してみよう」と提案。

+シングル

 Lainy Blue

+アルバム

 ESCAPE〜鏡の中で〜

をリリース。

CDを発売すると、レコード会社

 日本クラウン

からメジャーデビューの声がかかる。

この話に、メンバー全員が飛び上がって喜んだ。

ついにメジャーデビューに至った。

その後、アルバムを精力的に製作する一方で、

ファン層拡大のためにファンクラブ

 Luis-Mary OFFICIAL FAN CLUB XTRA ISSUE

を発足。

会報も作られる。

クラウンレコード側は

 CDを出し続ければ絶対に売れるに違いない

ということで、バックアップを続け、彼らをプッシュしていった。

しかし、思うようにCDは売れなかった。

次第にメンバー間に苛立ちが募り、最終的に西川貴教が

自身とバンドとの音楽性の違いを主張、解散を決意した。

他のメンバーとしては、解散は不本意だった。

そして1993年3月16日

宇都宮でのライブをもって解散した。

1991にメジャーデビューしてからは

+シングル

 RAINY BLUE
 WHiSPER (in your eyes)
 DRIVE ME MAD


+アルバム

 DAMAGE
 砂漠の雨
 RUSH


+ベストアルバム

 Best Collection
 PERFECT SELECTION
 PERFECT SELECTION.2
 PERFECT SELECTION.3


をリリースした。

ボーカルのHAINEこと西川貴教はソロプロジェクトである

 T.M.Revolution

 abingdon boys school


などで音楽活動を続けている。

音楽番組やバラエティなどのTV出演や

近年では声優の水樹奈々とのコラボや

アニメロサマーライブへの参加など、

アニメなどのサブカルチャーに関わることも多くなってきている。

また、自身主催のイナズマロックフェスなどなど

活動の幅を広げ続けている。


やはり彼らの主軸は当時から注目されつつあった

 西川貴教のヴォーカル

でしょうか。

そこばかりに注目しがちですが

曲も今聴くと案外いいなと思うものがいくつかあります。

バンドのスタイルは王道のロックバンドといった感じでしょうか。

メロディーが綺麗なものが多かったように思います。



ここで楽曲を一部紹介。

彼らの代表曲である

 RAINY BLUE

これをまず聴きこむところから僕は始まりました。

何度聴いてもかっこいい。

名曲と言ってもいいくらい、今では好きなこの楽曲。

実はいろんなバージョンがあって、いろいろ楽しめます。

 DRIVE ME MAD

かっこいい!って感じの曲。

割と激し目のキラーチューン。

 Believe In Mine

この曲もじわじわきます。

古いものの良さ、あの頃の日本のロックの情景が色々浮かんできそうです。


この他にも、好きな曲が多いので

また機会があれば紹介したいと思います。


残念ながら全員の動向はよくわからない彼ら。

 T.M.Revolution

 abingdon boys school

 愛$ラブチャンネル


各々の活動を見守りつつ

彼らの原点となったこの

Luis-Maryを聴いて

あの頃の彼らの音楽に触れてみるのも良いと思います。

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。