黒夢 それは黒い夢の始まり - 我々の愛したヴィジュアル系バンドたち

黒夢 それは黒い夢の始まり

こんにちは。

あなたは黒夢というバンドをご存知でしょうか。

特に90年代後期のインディーズバンドに多大な影響を与えた彼ら。

メンバーは

 ボーカル … 清春

 ベース … 人時

 ギター … 臣

 ドラム … 鋭葵

 ドラム … HIRO

初期のメンバーから最終的には

清春と人時の2人で活動を続けた彼ら。

特に清春の仮称スタイルはそれ以降の

ヴィジュアル系ヴォーカリストに大きな影響を与えました。

ちなみにバンド名は

 夢がない 夢はかなわない

という意味だそうです。

黒夢は1991年に結成。

1994年にメジャーデビュー。

1995年3月には、

 日本ゴールドディスク大賞

 ベスト5ニューアーチスト賞

を受賞。

名実ともに名実ともに確固たる地位を確立。

ヴィジュアル系を代表するバンドとなった。

インディーズからかなりの人気バンドだった黒夢

活動の中で、L'Arc?en?Cielと競演し

清春は、ボーカルのhydeと共に

GASTUNKDEAD ENDの楽曲をカヴァーしたりしたことも。

好調だったバンドだったが、途中でドラムの鋭葵が脱退。

1993年にはHIROが加入するも、が、3ヶ月後に脱退。

その後、

 清春

 人時

 臣


でメジャーデビューすることに。

そんな彼らはインディーズ時代に

自分たちのバンド名を冠したデモテープ

 黒夢

を販売。

 生きていた中絶児

もデモテープで販売。

CDでは

+ミニアルバム

 中絶
 生きていた中絶児


+アルバム

 亡骸を…

後の2000年には2枚組の

ベストアルバムも発売される。

また、映像作品も

 UNDER
 NEO UNDER
 DEEP UNDER


をVHSで発売。

DVDが主流になるまでは

LIVE映像などはVHSでよく販売されていましたね。

94年のメジャーデビュー後に発売したCDは

+シングル

 for dear
 ICE MY LIFE
 優しい悲劇
 Miss MOONLIGHT
 BEAMS ☆清春出演のCMタイアップ曲
 SEE YOU
 ピストル
 Like @ Angel
 NITE&DAY
 Spray
 少年
 MARIA


を発売。

これらが全て8cmシングルというのも

時代を感じさせますね。

+アルバム

 迷える百合達〜Romance of Scarlet〜
 Cruel
 feminism ☆オリコン初登場1位
 FAKE STAR〜I'M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜
 Drug TReatment
 CORKSCREW


を発売。

Cruelは臣が在籍時の最後のアルバムとなりました。

ベストアルバムもいくつか発売されました。

その中でも

 EMI 1994〜1998 BEST OR WORST

このアルバムは2枚組で、

SOFT DISK

HARD DISK


に分かれており、

それぞれ違った雰囲気の楽曲が楽しめる。

しかし、メジャーデビュー曲

 for dear

は、収録されていないので

こちらも聴きたいなら

こちらをおすすめする。

1995年には日本武道館でのLIVEもやり遂げる。

その後、1999年1月29日に無期限の活動休止。

メンバーは各々に新しい道を見つけ、活動を続けた。

清春はSADS、ソロで活動。

そして黒夢の活動休止から10年の沈黙を経て

2009年1月29日…

一夜限りの復活・解散LIVEを敢行。

正式な解散を発表…したかと思いきや

1年後の2010年1月29日に

SADSと共に黒夢の活動再開を発表。

さらに1年後の2011年1月29日に

シークレットライブを行うが、

1曲目の少年の演奏中に

警察から中止要請によって

開始約1分程度で残念ながら中止となった。

尚、ヴィジュアル系バンド

 シド

のボーカルマオ

このシークレットライブにプライベートで参加していた模様。

そして同年2月に13枚目のシングル

 ミザリー

を発売し、完全復活を果たした。

さらに同年11月に

13年半ぶりのオリジナルアルバムの発売し

それを記念に観光されたゲリラライブ

3000人という予想以上のファンが集結。

4曲を演奏した段階で強制終了となった。

復活後に出したCDは

+シングル

 ミザリー
 アロン
 heavenly


+アルバム

 Headache and Dub Reel Inch

を発売。

2012年には武道館でのLIVEを行っている。


彼らの特徴は

 清春の歌声

 哀愁を漂うわせる楽曲

 攻撃的なものまで様々な音楽性


特に清春の歌声に酔いしれる。

どこか繊細でいて、どこか気だるい。

綺麗なファルセットも、吐き捨てるようなシャウトも

聴いていて心地が良い。

何よりかっこいい。

バンド初期はヴィジュアル系らしく

化粧もしっかりしていたけれど

途中か路線変更していって

曲もパンク寄りになったり

いろんな曲が生まれていきましたね。

代表曲もいくつかあって

 BEAMS

 Like @ Angel

 少年


あたりが有名でしょうか。

Like @ Angelはあの前奏でもうテンションがMAXです。

また、デビュー曲

 for dear

の時のPVや

アルバム曲

 

を聴いてみると、

後にデビューするDir en grey

直に影響を受けたんだなということがわかります。

ボーカルの京はローディーだったこともあるようですし。

個人的に特に好きな楽曲は

 Miss MOONLIGHT

発売当時の「ぐるぐるナインティナイン」

エンディングテーマにタイアップされていたらしい。

歌詞も曲も切なくて、哀愁漂うメロディーに

清春の艶のある歌声が乗る。

黒夢のメロディアスな曲の中でも特に好きな1曲です。


まさに黒い夢のようにダークで、突き刺さるような

楽曲も彼らの特徴だと思います。

そのなかで時折見せる美しい旋律に

黒い夢とはまさに麻薬のように

何かを錯覚させられるような感覚に陥る。

でも今は夢の中でいい。

どんな夢でも、夢心地になれる。

彼らが見せてくれる夢は激しくも、優しいのです。



ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。