我々の愛したヴィジュアル系バンドたち

La'cryma Christi キリストの涙に寄り添った変幻自在のロックバンド

こんにちは。

あなたはLa'cryma Christiというバンドをご存知ですか?

個人的にも大好きなバンドで

あのハイトーンボイスも、曲のセンスも

バンドのうまさも含めて、好きなバンドでした。

バンド名のLa'cryma Christiは、"キリストの涙"という意味。

ちなみにLa'crymaはラテン語で涙の意味だそうで、
元々は"lachryma"からきているのだそう。

ちなみにラテン語では、涙を表す単語は"lacrymae"と書くそうです。

彼らはヴィジュアル系四天王のうちの1バンドとしても有名で

名実ともに備えた、前線で活躍したバンドです。

メンバーは

 ヴォーカル - TAKA

 ギター、コーラス - HIRO

 ギター - KOJI

 ベース、コーラス - SHUSE

 ドラム - LEVIN

ちなみにLacryma Christiという、同名のワインも存在する。

このワインをお昼の長寿番組『笑っていいとも!』内の

テレホンショッキングに出演した際に

タモリにお土産としてプレゼントしたそうです。

ちなみに、笑っていいとも!「テレフォンショッキング」
20世紀最後のゲストだったのだとか。
続きはこちら

MALICE MIZER 究極のヴィジュアル系バンド

こんにちは。

あなたはMALICE MIZERというバンドをご存知ですか?

究極のヴィジュアル系バンドとも称された彼ら。

バンド名はフランス語で 悪意と悲劇 の意。

そのヴィジュアルは、妖艶で耽美。

時に派手すぎて、重そうな羽をつけていることもありました。

確かな存在感で、シーンにお衝撃を与えました。

メンバーは

 ボーカル - Klaha

 ギター&シンセサイザー - Mana

 ギター&シンセサイザー - Közi

 ベース - Yu〜ki

 ドラム&パーカッション - Kami(1999年6月21日に逝去)

旧メンバー

 初代ボーカル - TETSU

 2代目ボーカル&ピアノ - Gackt

 ドラム - GAZ

サポートメンバー
 ドラム - 愁
続きはこちら

GLAY 精力的な活動を続ける日本のロックバンド

こんにちは。

あなたはGLAYというバンドをご存知ですか?

もはや有名すぎる日本のロックバンド。

知らないという声は少ないでしょう。


現メンバーは

 ボーカル - TERU

 ギター - TAKURO

 ギター - HISASHI

 ベース - JIRO

旧メンバーは

 ドラムス - ISO

 ドラムス、ベース - SHINGO

 ドラムス - AKIRA

 ドラムス - NOBUMASA

昔はちゃんと専属ドラマーがいたのですね。続きはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。